参考文献


[2018] Yoshimi Okada, Yusuke Naito, Sadao Nagaoka
“Making the patent scope consistent with the invention: Evidence from Japan”,
Journal of Economics & Management Strategy,Vol.27, Issue 3,pp.607-625,Wiley
[2017] Yoshimi Okada, Yusuke Naito, Sadao Nagaoka
“Impact of Patent Scope on subsequent Inventions: Findings from a new Measure”,一橋大学イノベーション研究センターワーキングペーパー#17-03
[2017] 内藤祐介「現場から見たAIの近未来」,
日本ソフトウエア科学会ネットワークが創発する知能研究会およびデータ指向構成マイニングとシミュレーション研究会2017合同合宿
[2016] OKADA Yoshimi, NAITO Yusuke, NAGAOKA Sadao
“Contribution of Patent Examination to Making the Patent Scope Consistent with the Invention: Evidence from Japan”,
経済産業研究所 Discussion Paper series 16-E-92,pp1-5
[2016] Yoshimi Okada, Yusuke Naito, Sadao Nagaoka
“Claim Length as a Value Predictor of a Patent”,一橋大学イノベーション研究センターワーキングペーパー#16-0
[2016] 中村健太「『IIP パテントデータベース』の開発と利用」, 国民経済雑誌, 214 (2), 75-90.,2016
[2016] 岡田吉美,内藤祐介,長岡貞男
"Contribution of patent examination to making the patent scope consistent with the invention: Evidence from Japan,日本経済学会2016春季大会,2016
[2016] 岡田吉美,長岡貞男,内藤祐介「失われた20年」に日本企業が取得した特許の価値の検証,一橋ビジネスレビュー,2016春号
[2015] Yoshimi Okada,Yusuke Naito,Sadao Nagaoka
"Claim length as a value predictor and as an outcome measure of patent examination",IPSDM2015,2015
[2015] 前田高宏,長岡貞男,内藤祐介「発明者による先行技術開示の選択とその効果」,日本経済学会2015年度秋季大会
[2015] 内藤祐介「引用ネットワークの成長ダイナミクス」,日本ソフトウエア科学会ネットワークが創発する知能研究会2015秋合宿
[2015] 山口栄一(編),イノベーション政策の科学 SBIRの評価と未来産業の創造, 東京大学出版会, 2015
[2014] 玉田俊平太,内藤祐介,玄場公則,
サイエンス・リンケージ手法を用いた科学依拠型産業の時系列分析, 2F01, 研究・技術計画学会,第29回年次学術大会,2014
[2014] 内藤祐介,相馬亘,藤田裕二,治部眞里,西田正敏,
特許・企業情報のミクロ・マクロツール「日本知図」の開発(1), 2F07, 研究・技術計画学会,第29回年次学術大会,2014
[2014] 相馬亘,内藤祐介,藤田裕二,治部眞里,西田正敏,
特許・企業情報のミクロ・マクロツール「日本知図」の開発(2), 2F08, 研究・技術計画学会,第29回年次学術大会,2014
[2014] 前田高宏,長岡貞男,内藤祐介
「特許制度の開示効果:記載要件強化の影響に関する分析」,一橋大学イノベーション研究センターサマースクール
[2014] 前田高宏,長岡貞男,内藤祐介
「特許制度の開示効果:記載要件強化の影響に関する分析」,日本知財学会第12回年次学術研究発表会,1A3
[2013] Yusuke Naito,"Knowledge Map of Japan",FNET2013,2013
[2013] 相馬亘、藤田裕二、内藤祐介、西田正敏、治部眞里、井上寛康
イノベーションの空間分布,ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN'13)
[2011] Yusuke Naito "Disambiguating Japanese Inventors",European Science Foundation APE-INV 3rd “Name Game” Workshop,2011
[2011] 長岡貞男,江藤学,内藤祐介,塚田尚稔,"NEDOプロジェクトから見たイノベーション過程",経済研究,2011
[2009] 久武昌人,松野弘樹,内藤祐介"ネットワークモチーフを用いた産業クラスタ分析",情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用,2009
[2008] Jun Suzuki, Schumpeter Tamada, Yusuke Naito, Kazuyuki Motohashi and Akira Goto
"Patent Citations in Japan – Database Construction for Inventor Citations and Examiner Citations",EPO&OECD Patent Statistics for Decision Maker,2008
[2007] Akira Goto, Kazuyuki Motohashi
"Construction of a Japanese Patent Database and a First Look at Japanese Patenting Activities," Research Policy, 36 (9), 1431-1442.,2007
[2007] 小方孝,松田亜矢子,内藤祐介 "物語生成システムにおける映像表現",ことば工学研究会,2007
[2006] 玉田俊平太,内藤祐介,玄場公規,児玉文雄,鈴木潤,後藤晃「日本特許におけるサイエンスリンケージの計測」,日本のイノベーションシステム,第一章,pp21-34,東京大学出版会
[2006] Schumpeter Tamada, Yusuke Naito, Fumio Kodama, Kiminori Gemba, Jun Suzuki
"Significant difference of dependence upon scientific knowledge among different technologies" Scientometrics, 2006
[2005] 後藤晃・元橋一之 「特許データベースの開発とイノベーション研究」, 知財研フォーラム, 63, 43-49.,2005
[2005] 内藤祐介「特許引用関係における技術進化の分析方法」,日本ソフトウエア科学会・ネットワークが創発する知能研究会第一回ワークショップ,pp43-50
[2005] 内藤祐介 "特許における言葉関係から見た分析と引用関係分析との比較",ことば工学研究会,2005
[2005] 新宅俊之,玉田俊平太,内藤祐介,児玉文雄 "サイエンスリンケージ分析によるNTT・研究開発人材マネジメントの研究",研究・技術計画学会,2005
[2005] Development of Patent Database, in Research Report on Economic Analysis of Innovation by Patent Data to JPO, 2005 March (in Japanese)
[2004] Shunpeter Tamada, Yusuke Naito, Kiminori Gemba, Fumio Kodama, Jun Suzuki, Akira Goto
"Science Linkages in Technologies Patented in Japan",RIETI DP,2004
[2004] "Science Linkages in Technologies in Japan",Schumpeter2004,2004
[2004] 玉田俊平太,内藤祐介,児玉文雄,玄場公規,鈴木潤 "日本特許約65万件の全数・全技術分野サイエンス・リンケージの自動計測",研究・技術計画学会,2004
[2003] 内藤祐介,大須賀節雄"宇宙システムを例題とした複雑システム",文部省特定領域研究「複雑システムの科学技術」シンポジウム,2003
[1999] 内藤祐介,加藤康彦,中須賀真一 "サプライチェーンマネジメントのための適応的アルゴリズム選択",知識ベースシステム研究会,1999
[1997] 内藤祐介「人工生命から見た分散スケジューリング」,スケジューリング学会・生産スケジューリングシンポジウム97
[1996] 内藤祐介 "自律個体の集団に対する行動予測システム",計測自動制御学会知能システムシンポジウム,1996
[1994] Hiroshi Iijima, Yusuke Naito "Incremental prediction of the side-chain conformation of proteins by a genetic algorithm",IEEE WCCI 1994
[1994] Hiroshi Iijima, Yusuke Naito "System for prediction of protein side-chain conformation and method using same",US5724252,1994
[1990] 内藤祐介「WS上のES構築ツール徹底比較 性能」,TURING MACHINE,Vol.3,No.1,pp42-49,SPEC
[1990] 内藤祐介「WS上のES構築ツール徹底比較 テスト問題による評価」,TURING MACHINE,Vol.3,No.2,pp62-73,SPEC
[1989] 知的情報処理システムに関する調査研究報告書,第2分冊 知識システム構築ツールの評価,ICOT-JIPDEC AIセンター
[1989] 寺野隆雄,小野田崇,鈴木道夫
マルチメディア・コンサルテーションシステムの開発モデルと知識表現,人工知能学会ヒューマンインタフェースと認知モデル研究会資料,8,1-10,1989
[1989] 内藤祐介「ニューラルネットワークを使うための基礎知識」,TURING MACHINE, Vol.2,No.2,pp9-20,SPEC
[1989] 内藤祐介「WS用ES構築ツールにみる用語の意味とその背景」,TURING MACHINE,Vol.2,No.3,pp57-61,SPEC
[1989] 内藤祐介「ニューラルネットワークツールの使い勝手」,TURING MACHINE, Vol.2,No.5,pp62-69,SPEC
[1989] 内藤祐介「WS上のES構築ツール徹底比較 知識表現」,TURING MACHINE, Vol.2,No.6,pp49-59,SPEC
[1987] 寺野隆雄,内藤祐介,内山喜久子 "機械翻訳文に対する事前評価方式",情報処理学会全国大会講演論文集,34,2,1277-1278,1987
[1986] 内藤祐介,内山喜久子,長谷川正人「知識ベース開発のためのアドバイスシステム」,電子通信学会総合全国大会,1579,pp6-221
[1986] 内藤祐介,内山喜久子,長谷川正人「知識ベース開発支援エキスパートシステム」,情報処理学会第32回全国大会,3L-3,pp1089-1090
[1986] 長谷川正人,内藤祐介,内山喜久子「Prolog AIツールによるESの構築技法」,情報処理学会第32回全国大会,5L-7,pp1141-1142
[1985] 田中博,秋場優子,原正一郎,古川俊之,内山喜久子,内藤祐介,土屋尚,矢田光治
"エキスパートシステム開発支援ツールKEEによる輸液診断",医用電子と生体工学,23特別号,639-639,1985
[1979] Nakaji Honda, Shuhei Aida, Yusuke Naito "Development of Expanded DYNAMO Compiler",IEEE Systems Man and Cybernetics,1979
[1979] 内藤祐介 "パラメータ推定機能を備えたDYNAMOコンパイラ",計測自動制御学会システムシンポジウム,1979









Copyright © 2013-2018 人工生命研究所 All Rights Reserved.